• ホーム
  • 家づくりコンセプト
  • 豊住研の家づくり
  • 住まい実例
  • モデルハウス
  • 住まい手の声
  • 家づくりの流れ
  • リフォーム
  • 家守り・保証
HOME > 設計 太田のブログ|滋賀(長浜・米原・彦根)で木の家 注文住宅・リフォームなら 長浜の工務店、豊住研へ
最新記事

カテゴリ

アーカイブ
  • 家づくりコンセプト
  • 豊住研の家づくり
  • モデルハウス
  • OMソーラーの家
  • 住まい実例
  • 住まい手様の声
社長日記スタッフ日めくり日記設計太田のブログspace
設計 太田のブログ|滋賀(長浜・米原・彦根)で木の家 注文住宅・リフォームなら 長浜の工務店、豊住研へ

お城が見える家

彦根市某所にて、また新たに始まったプロジェクト、

目前に国宝 彦根城の天守閣を望む住まいです。

カメラに収めるといまいちそのスケール感が伝わりませんが

実際にその場に立って見ると間近に感じるその佇まいは

威風堂々たるものであります。


3月に入り目に見えて春の訪れを実感する此頃、

良い日和に恵まれて着々と基礎工程が進行中です。


s-DSCN3946.jpg


上棟は桜の咲く頃。

2階レベルからの天守閣の眺めが

今から楽しみなのであります。

薪棚

有難いことに今冬はほとんど積雪もなく

湖北の冬らしくない穏やかな日和が続きます。

そんな清々しい休日に

施主さま自ら下準備にも参加いただいた

ストーブライフには欠かせない薪ストック棚の

満を持しての建て方となったのであります。


昨年襲来にたような台風にもびくともしない、

コンクリート土間に強固に定着した総ヒノキフレーム。

薪棚にしては少々オーバークオリティかも、ですが

長く安心して使い続けられることが何より肝要。

外構デザインの一要素としても中々の存在感を発揮するはず。

ここから先、屋根や棚の仕上げ造作も

施主さま自らの手による作業が続きます。


s-IMG_0979.jpg


s-IMG_0984.jpg


傍らには然るべき場所へと納められるのを待つ薪が既にスタンバイ。

万が一の出動要請に備えつつ、

完成そして薪がうず高く積み上げられるのを楽しみにしています。

準備中

昨年のうちにお引渡し完了している、安土の家。

撮りためた完成写真の整理が終わらぬまま、行く1月。

うかうかしていると逃げる2月・・・

近々、近々に施工事例にUPの予定につき、

今しばらくお待ちくださいませ。

先ずは小出しに・・・

s-DSC_0120.jpg

雪降る前に

年の瀬も押し迫り、年内の現場作業は今日で一旦ひと区切り。

山ノ前の家 外構計画は雪に見舞われる前にほぼ完了と相成りました。


ただひとつ、ストーブライフに欠かせない薪ストックヤードだけが

大工さん多忙のため年内間に合わず未完・・・(汗)

現在は軒先に仮ストックしていただいている状態ですが

こんな玄関構えも冬の風情が感じられて、なかなか良いのであります。

s-DSCN3826.jpg


今年も多くの皆さまとのご縁をいただき、誠にありがとうございました。

自然災害もあり、慌ただしい一年でありましたが

しばらくは日常の喧騒を離れ

穏やかな時間をお過ごしください。

入江の家、完成写真UP

まだ暑い時期の完成であったのですが

この夏はやれ大雨だ、やれ観測史上最強台風だ、と

日々に追われている間に気が付けば12月・・・

大変、大変遅ればせながら

入江の家、完成写真を施工事例にUPいたしました。


素晴らしい眺望を活かす2階リビングと

いつもの豊住研の家とは少し違った味付けを施した空間。

施主さまがずっと温め続けた想いが

そこかしこに表現された住まいです。

どうぞご覧くださいませ。

s-DSC_0117.jpg

安土の家、見学会

既にイベント情報ページにてお知らせしておりますが、

このたび竣工を迎えた安土の家にて、明日~明後日の二日間、

住まい手さまのご厚意により完成見学会を開催いたします。


安土駅の真ん前、月極駐車場の向こうに良~く見えるところ、

神社の森が良い背景となって、通過電車からでもパッと目に付くお家。

隣家や駐車場に囲まれながらも、広めの庭スペースを確保し、

身近にある緑や窓の向こうの景色に無意識に視線が伸びる、

そんなことを意識しながら計画した住まいです。

s-DSCN3625-2.jpg


s-DSC_0094補正.jpg


周辺には有名史跡や紅葉の名所もある地域。

週末は気持ちのいい穏やかな秋晴れとなる模様、

お出かけがてら、お立ち寄りくださいませ。

佳境

工程が大詰めを迎えている、安土の家。

東西に長い敷地の一番奥、最も据わりのいい場所に位置取り、

太陽光を最大限に活用すべく、南に向けた緩やかな片流れ屋根のファサード。


ビシッと水平ラインを強調する大きな下屋、

その下は多様に使える軒下スペース、

南側にも軒のあるデッキスペースがあり、

内と外の中間領域を楽しみ、活用する住まいなのであります。


あとは外周りを整えて、完成までもう少し。

s-DSCN3542.jpg


小ぢんまりとではありますが、完成お披露目を予定しております。

詳細案内まで今しばらくお待ちくださいませ。

外構計画

街路樹にチラホラと秋の色が見え始めた此頃。

入居されて数ヶ月が経つ山ノ前の家にて

遅ればせながら、外構計画が動き始めます。

計画の自由度が高い広大な敷地ゆえ

かえってそのスペース活用に頭を悩ませながらも

緑とアウトドア、

そして薪ストーブライフを存分に楽しむ庭づくりとなります。

s-DSCN3441.jpg


住まい手さま自らが少しずつ手を入れて

5年、10年と時間を経てボリュームアップし、馴染んでいく、

そんな庭づくりを目指します。

祝、ご入居。

先日、見学会を開催させていただいた入江の家。

その後お盆休みの間もコツコツと引っ越し準備を進められ、

この度、目出度くご入居と相成りました。


まだ肌寒い時期の着工を経て、いつの間にやら季節は晩夏。

大変長らくお待たせいたしました。

早速ご入居の記念にと、ご家族4人の手(足)形式。

この手形のようにご家族寄り添って

毎日を楽しくお過ごしいただけることを願っています。

真新しいこの住まいに暮らしのリズムが馴染むまで

まだしばらくの時間を要することと思いますが

そんな過程も楽しみながら、住みこなしていただければと思います。

s-IMG_0693.jpg



それにしても、毎日このパノラマを独占できるとは羨ましい・・・

s-DSCN3123.jpg

珪藻土塗り

建物の内部、外部、ともに

着々と仕上げ工事が進行中の 入江の家。

今週は各工程間のタイミングを見計らい、

満を持して、住まい手のNさまと共に

メインスペースの珪藻土塗りを実施いたしました。


頼りになるメーカーさんの応援もいただき、

作業は想定よりも順調に推移。

猛暑の中、Nさまにも大変奮闘いただきました。


最初は慣れないコテ使いに戸惑いながらも、半日もすればコツを習得。

そうなれば、あとは前進あるのみ。

難易度の高い吹抜け部分から、

s-DSCN3085.JPG


アクセントとなる色付きの壁にいたるまで、果敢に挑戦。

s-DSCN3091.JPG


事前準備を含めると、延べ二日間。

予定面積を想定よりも早く塗り終えることができました。

慣れてくるともっと塗りたくなるものなのですが

慣れたころに終わるものなのです・・・

s-DSCN3093.JPG

ともあれ、この猛暑の中大変お疲れ様でございました。

こうしてご自身も施工に参加されたことで

我が家への愛着はより一層深くなることでしょう。


そしてここからが佳境。

完成へと一気に突き進んでいきます。


※施主さまのご厚意により、入江の家 完成見学会を開催いたします。

 詳細はこちら。

Copyright © 2012 豊住研株式会社 inc. All Rights Reserved