• ホーム
  • 家づくりコンセプト
  • 豊住研の家づくり
  • 住まい実例
  • モデルハウス
  • 住まい手の声
  • 家づくりの流れ
  • リフォーム
  • 家守り・保証
HOME > 設計 太田のブログ|滋賀(長浜・米原・彦根)で木の家 注文住宅・リフォームなら 長浜の工務店、豊住研へ
最新記事

カテゴリ

アーカイブ
  • 家づくりコンセプト
  • 豊住研の家づくり
  • モデルハウス
  • OMソーラーの家
  • 住まい実例
  • 住まい手様の声
社長日記スタッフ日めくり日記設計太田のブログspace
設計 太田のブログ|滋賀(長浜・米原・彦根)で木の家 注文住宅・リフォームなら 長浜の工務店、豊住研へ

祝・上棟

当日の好天を祈ってはおりましたが・・・

その祈りが届き過ぎたかのような晴天と気温に恵まれた昨日、

内保町の家、めでたく上棟と相成りました。


施主さまには、平日にもかかわらず早朝からご参集くださり、

また、猛暑の中の作業、大工さん・弊社スタッフの面々の体調にもご配慮いいただき、

一日を通しての多大なるお気遣い、誠にありがとうございました。


高知・土佐材の桧と杉からなる構造フレームは

大きく伸びた下屋と相まって、なかなかのボリュームでありましたが

お陰様で滞りなく、屋根仕舞いまで完了することができました。


今から既に完成が待ち遠しいことかと存じますが

施主さまにとって最高に心地よい、無二の住まいとなりますよう、

じっくり、しっかり取り組んでまいりますので

完成までの間、家づくりのプロセスを共に楽しんでいただければと思います。

s-DSCN1576.jpg

それにしても、暑い一日でありました。

体力の衰えを痛感する此頃・・・

住まい事例集リニューアル

弊社HPの住まい事例集を最近リニューアルしております。

掲載画像を以前よりも大きなサイズに再編集して

画像スライドもマニュアル操作に変更して

じっくりご覧いただけるようになっております。


まだ順次画像入替え中につき、未対応物件もありますが・・・

s-DSC_0364_01.jpg


ぜひ、ごゆるりとご覧ください。

view

長閑な風景に囲まれた現場が続いています。

現場へと向かう道すがら、眺める景色は雄大で清々しく、

移動時間がひと時の少憩になります。


あの先の森の向こうが目的地。

背後に鎮座するのは小谷山。

s-D35C82FC.jpg


こちらは周囲を山に囲まれた場所。

ゆるやかな坂を上った先にある、閑静な集落の中。

s-DSCN1414.jpg


こちらの現場もぐるりと山並みが見渡せる。

変わらぬ風景の中でスローライフを満喫できる、

そんな静かな環境にあります。

s-084ACA5A.jpg


何処であっても住めば都、ではありますが、

昔と変わらぬ自然が身近にある環境を楽しむ暮らし、

他に代えがたいものです。

14年目

2003年に入居されてから14年目を迎える、

平屋のOMソーラーのお住まい。

当時はまだ小さかったお子様達とワンフロアでオープンに暮らしたい、

そんな要望から平面ボリュームのある平屋計画となったのでありました。


そろそろ外装の経年劣化が気になってきた、とのご相談をいただき、

外装塗装や防水部分のメンテナンスを実施させていただきました。

合わせてOMソーラーの集熱パネルの状態も確認。

要したのは消耗部分のパッキン交換程度で、

14年目の現在でもすこぶる良好な状態で稼働中なのであります。


当時の倍ほどにも成長した植栽は、この家のファサードとしてすっかり定着していて

眩い緑が道行く人の目を楽しませてくれていることでしょう。

s-DSCN1398.jpg


化粧直しをして奇麗になった外観は、新築当初とはまた違った良さがあります。

14年間の暮らしを受け止めてきた風格が備わっているかのような。

これからも永く快適に住み続けていただけるようにお手伝いしてまいります。

水鏡

4月下旬から彼方此方で始まった田植えもそろそろ終わりを迎える頃でしょうか。


朝、仕事に向かう道すがらに見かける、この時期だけの風景。

水の張られた田んぼの水面は鏡の如し、遠くの景色が映る様に目を奪われる。


そういえば、近江米に「みずかがみ」という品種がありますね。

この風景から着想して生まれたネーミングなのかもしれません。


この後、苗はぐんぐん成長してすぐに一面を緑に覆っていくので

この景色が見られる期間はそう長くはないのです。

もうしばらく、眺めていたいものです。

s-DSCN1392.jpg

続きます。

過日になりますが、薫風そよぐ好天の大安吉日に

また新たに始まる家づくり、O様邸の地鎮祭を執り行わせていただきました。


当該地は利便性の良い場所に位置しながらも

遠景に小谷山の稜線を望む静閑な立地であります。

比較的ゆったりした敷地に、半ば庭を囲うような計画とし、

周囲を気にすることなく、アウトドアライフを楽しめるような住まいとなる予定です。


有難いことに、このところ着工・上棟が続いておりますが

じっくり、丁寧に、そして楽しく取り組んで参りたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


s-DSCN13622.jpg

ハレの日

清々しく晴れ渡った大安吉日。
時折、勢いを強める風も心地よい日和に、
ご家族さま、ご兄弟さま一堂にご参列いただき、
新たに始まるSさま邸の地鎮祭を執り行わせていただきました。


周囲には長閑な田園風景が広がり、
祭事の最中聞こえてくるのはカエルの大合唱。
そして遠く見渡せば、新緑眩い山並みを一望する立地。

こんな気持ちのいい場所での家づくりにお声を掛けていただき、
本当に建築冥利に尽きる次第です。


Sさまにとって唯一無二の心地いい住まいとなりますよう、
じっくり、入魂で取り組んでまいりますので
完成までしばらくの期間、どうぞよろしくお願いいたします。


s-DSCN1354.jpg

物干し考察

住まいに求められる機能には、時代の変遷と共に変化するものと不変・普遍のものがあるが
室内に洗濯物が干せるスペースの計画は、近年特に求められることが多くなった機能のひとつ。

ご夫婦ともにフルタイム勤務といったご家庭も多い昨今においては当然の傾向であります。


雨に濡れないだけであればバルコニーに屋根を付けたり、軒を出したりという方法もありだが
気温の低い冬期は天気が良くても外干しではなかなか乾かないし、
周囲からの視線も気になる、という問題もある。洗濯動線もできるだけ短くしたい。
やはり季節にかかわらず、天気にかかわらず、時間を気にせず干せる、という条件を満たすのは
屋内にそれなりの仕掛けを施したスペースを計画するのがベターなようです。


とはいえ、晴れた日には庭でパーッと干したいという声もあって

人それぞれ、暮らしのスタイルは一様ではない。
物干しひとつとっても、なかなか奥が深いものです・・・

DSC_0177補正.jpg


ただひとつ、いつも留意しているのは、
ユーティリティといえども居心地のいい場所になるように設えること。
住まいの中では裏方になりがちな部分ではありますが
機能性と感覚的な心地良さを大切に計画したいものです。

祝、完成

昨秋の着工から、膝丈の積雪に見舞われた長い冬を経て

いつの間にか麗らかな春の陽気を感じるようになった此頃、

先日、晴れてお引渡しとなりましたA様邸。


工事中は多大なるお気遣いをいただき、

また大切なお住まいをお借りしての見学会には

多くの皆さまにお越しいただくことができ、

多岐にわたり大変お世話になりました。


足繁く現場へ通った日々が終わることに寂しさも感じますが

完成を心待ちにしておられたお住まいを無事お引渡しすることが出来て何よりです。

s-DSC_0061.jpg


まだしばらくは、朝晩肌寒い日が続くことでしょうが

それを感じさせない、高い温熱性能を持つこの住まいで

快適な毎日をお過ごしいただけることと思います。


これからも末永いお付き合いになりますが

どうぞよろしくお願いいたします。

新作テーブル

昨年、曽根の家の完成見学会にあわせて製作した一品物のダイニングテーブルは

施主さまが一目で気に入って下さり、そのまま嫁入りしていったものですが、

今週末の見学会にあわせ、新たに製作していたダイニングテーブルがついに完成。

本日、現地へと搬入してまいりました。


6人掛けも可能なゆったりサイズ。

片方に3脚の椅子が収まるように、脚を四隅いっぱいに配置するデザイン。

大きなダイニングテーブルと、ゆったり腰掛けられる椅子があれば

食後のくつろぎの場所にもなるし、子供の勉強場所にもなります。

s-CD4C7B0E.jpg


部材の厚さ、太さ、細部のディテールなどなど、

美しさと強度・機能がバランスするように検討を重ね、少しずつ改良を加えています。


オリジナルでつくる家具も見どころのひとつ、

今週末の見学会でご覧ください。

※今週末、完成見学会を開催します。

 詳しい案内はコチラ。

Copyright © 2012 豊住研株式会社 inc. All Rights Reserved