• ホーム
  • 家づくりコンセプト
  • 豊住研の家づくり
  • 住まい実例
  • モデルハウス
  • 住まい手の声
  • 家づくりの流れ
  • リフォーム
  • 家守り・保証
HOME > 設計 太田のブログ|滋賀(長浜・米原・彦根)で木の家 注文住宅・リフォームなら 長浜の工務店、豊住研へ
最新記事

カテゴリ

アーカイブ
  • 家づくりコンセプト
  • 豊住研の家づくり
  • モデルハウス
  • OMソーラーの家
  • 住まい実例
  • 住まい手様の声
社長日記スタッフ日めくり日記設計太田のブログspace
設計 太田のブログ|滋賀(長浜・米原・彦根)で木の家 注文住宅・リフォームなら 長浜の工務店、豊住研へ

新作テーブル

昨年、曽根の家の完成見学会にあわせて製作した一品物のダイニングテーブルは

施主さまが一目で気に入って下さり、そのまま嫁入りしていったものですが、

今週末の見学会にあわせ、新たに製作していたダイニングテーブルがついに完成。

本日、現地へと搬入してまいりました。


6人掛けも可能なゆったりサイズ。

片方に3脚の椅子が収まるように、脚を四隅いっぱいに配置するデザイン。

大きなダイニングテーブルと、ゆったり腰掛けられる椅子があれば

食後のくつろぎの場所にもなるし、子供の勉強場所にもなります。

s-CD4C7B0E.jpg


部材の厚さ、太さ、細部のディテールなどなど、

美しさと強度・機能がバランスするように検討を重ね、少しずつ改良を加えています。


オリジナルでつくる家具も見どころのひとつ、

今週末の見学会でご覧ください。

※今週末、完成見学会を開催します。

 詳しい案内はコチラ。

ギミック

ワイド800ミリほどの洗面ミラー、2面鏡。


と思いきや・・・

s-B899.jpg


隠し扉ならぬ、隠し鏡の3面鏡。

もちろん鏡の裏は全面小物収納に。

s-C7570E9E1B99.jpg


ただ単に3分割したのでは一枚一枚の幅が小さくなり過ぎる、

そこでチョイと仕掛けを施して、使い勝手のいいように工夫する。

使う人の都合に合わせてカスタマイズできる、

これこそ一からつくる家具の大きなメリットです。

ローズウッド

このところ採用率の高い、一から製作するオリジナルキッチン。

その中でも特に多いケースが、アイランド型のシンクカウンターを中心に据えた

回遊動線のあるオープンスタイル。

作業スペースがとてもゆったりと確保できるし

家族や友人があつまってワイワイやるのにもってこいなのです。


そして現在、製作からあがってきたばかりのシンクカウンターに

奥さまにチョイスいただいたカラー、ローズウッド色にて塗装中。

まだ塗り工程1回目につき色ムラが散見される状態ですが

塗り重ねると僅かな艶と深みとのある、いい感じのダークな色になります。

s-F301CD3F.jpg


各部パーツも一旦外して隅々まで塗ります。

美しく仕上げるためには手間を惜しまず。

s-DDE10391.jpg


カタログで選ぶメーカー製のキッチンも、至れり尽くせりの機能で良いのですが

製作キッチンのいいところは、キッチンの機能部や収納部を自在にレイアウトできるので

プランニングの自由度が格段に広がることと、

中途半端な隙間を残さずジャストフィットでつくれるところ。


必要とあらば、既製にないものでも一からつくる、

機能性とデザインを追求する工夫のひとつです。

resist snow

このところ続く降雪と積雪には、辟易するばかり。

鳥取あたりは大変なことになっているようですが大丈夫でしょうか・・・


11日に予定していたS様邸の上棟はやむなく延期させていただきましたが

他の現場においては、皆々は雪の苦難をものともせず、

着々と完成に向けて進行中なのであります!


足場に積もった雪を掻き分けながらの外部仕事。

おかげで週末には足場撤去の予定。

s-DSCN1220.jpg


オリジナルの玄関ドアは製作中のため、現在は仮のドア。

袖ガラスが入れば、自然光で明るい玄関になります。

s-DSCN1219.jpg


高い位置から自然光を導くことで

曇天続きでも、室内は明るく。

s-DSCN1218.jpg


すべて製作するオリジナルのキッチン、セッティング中。

今回はアイランドシンクとL型に配列した調理・収納カウンターとの組み合わせ。

s-DSCN1217.jpg


3月には完成見学会を開催予定。

詳細が決まり次第、あらためてお知らせいたします。

OMキャンペーン second

昨夏、OMソーラーが3ヶ月に渡り開催した軽井沢宿泊体験キャンペーン、

かなり大きな反響があったようです。

豊住研のOB様にも副賞をGETされた方がありました。

紛れもなく日本のパッシブソーラー技術のトップランナーである

OMソーラーの認知拡大にも一役買ったことでしょう。


そして今年は、そのOMソーラーが世に生まれてちょうど30周年。

この節目の年に新たなキャンペーンが開催されております!

応募期間は3月20日までと、まだまだ余裕あり。

→こちらのリンクからご覧ください。

om-30th.jpg


前回のキャンペーン然り、

あくまでこれらはOMソーラーや、自然の力を建築的工夫で暮らしに取り入れることで

快適な住まいをつくるパッシブデザインについて知ってもらうための入り口です。

キャンペーンページを訪れる時には

なかなかセンスよく、見ごたえのあるOMソーラーのサイトもぜひご覧いただきたい。

技術云々の話ばかりでなく、自然とともにある暮らしの快適さ、楽しさが伝わってきます。


この30年、全国の工務店により建てられたOMソーラーの家が26000棟以上。

豊住研もOMソーラーに取り組んで26年目。

エネルギーコストが上がっていくこれからの時代にこそ

パッシブ技術を活かす、パッシブデザインの家づくりが必要とされてきます。

諸々。

皆さま、大変遅ればせながら・・・

新年あけましておめでとうございます!←なんとか松の内にギリギリセーフ(汗)


カメの歩みのごとし、の更新頻度ではありますが

一つ一つは内容濃くお届けしていきたいと思いますので

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


今年も小屋裏の窓から初日の出を拝むことができました。

昨年に続き穏やかな元旦でしたが

雪の正月になった年でも、不思議と初日の出は顔を出してくれるのです。

s-IMG_2285.jpg


今年度は地元の神社の当番だったので、初めて門松を自前でつくりました。

ウチの町内は立派な門松を飾る慣習はないので

毎回、その年の当番さんのささやかなオリジナル。


私も何のお手本もなく、松竹梅のイメージだけ思い浮かべて、あとは適当にアレンジ。

一般的には竹が主役になっているものですが

竹を花差しがわりに生けるという荒業で挑戦・・・

しかし意外に町内の皆さんの評判は上々でありました。

s-IMG_2289.jpg


替わって本日は、能登川・八日市方面へ、

住まいの1年点検やちょっとしたお手入れ工事に行ってまいりました。

八日市あたりまで行くと長浜とは打って変わって、時折晴れ間がのぞく天気。

雪のかけらも見当たらない。

おかげで作業ははかどりますが。

s-DSCN1152.jpg


日暮れ時、会社に戻ればこの通り。

s-DSCN1154.jpg


まだ明日にかけても降り続く模様ですので

皆さま、暖かくしてお過ごしください。

形の持つ意味2

前回紹介した、軒ゼロ住宅は雨漏り発生リスクは通常の5倍-という記事。
住宅瑕疵保険会社大手の取り扱った雨漏れ事故案件の統計によると
雨漏れ発生箇所の7割超が軒の出のない箇所であった。

s-IMG_2258.JPG


軒ゼロデザインにするための建材などもいくつかのメーカーから販売されてはいるが
建材には必ず経年劣化があるので、その性能に頼ったつくりでは長期間性能を維持できない。
家は非常に長い年月にわたって住み続けるものなので
その間に地震や暴風によって動き、当初の性能が損なわれることも考えておかねばなりません。

しっかり軒の出た屋根にすることで

そういったリスクを確実に軽減できるということです。

s-IMG_2259.JPG


また、南面に大開口サッシがあるのに軒の出も庇もなければ
日射が燦々と室内に射し込み、とても暑くて快適とはいえない住まいになってしまう。

前回も書きましたが、真夏に掃き出し窓1ヶ所から入り込む放射熱はコタツ1台分ほどにもなるので

日射遮蔽ができていなければ掃き出し窓の数だけコタツを焚いているようなものなのです。


現在工事中の高月の家、南の軒はすうっと長く伸びている。

s-DSCN1121.jpg


室内から見上げると、夏の角度のある日射しをしっかり遮るであろうことが見て取れる。

s-DSCN1125.jpg


家に限らず、デザインと機能性とは表裏一体のものだと思います。
意味のある形だからこそ長きにわたって受け継がれ、

そこに普遍的な美しさを感じるのではないのでしょうか。

家は一度建てれば、何十年の長きにわたって存在し続けるもの。
流行り廃りに流されない、時間の経過に耐える普遍的な形を求めていきたいと思っています。

形の持つ意味

毎月購読している業界誌の最新号の特集記事、
『それでもやる?軒ゼロ住宅』
雨漏り発生リスクは通常の約5倍-という見出しがついている。

s-IMG_2256.JPG

(日経ホームビルダー 12月号より)


かつて、隣地境界からのセットバックが確保できないような市街地や密集地において

立地条件による必然から軒のない、あるいは非常に短い住宅がつくられたのでしょうが
昨今はそういった事情に関わらず、敷地に十分な余裕がある場合でも
最初から軒ゼロデザインありきで建てられたであろう住宅を随分多く見かけます。
建築雑誌を見ても、若手設計者やデザイナー住宅を標榜する会社に多く見られ
それがデザイントレンドであるが如く広まっている印象があります。


昔ながらの田舎普請と言われる瓦葺、ベンガラ塗りの家は

今日においては温熱環境や使い勝手に少々難ありではありますが
家のプロポーションの観点から見れば、とても理にかなっています。


大きく伸びた軒の出は、夏の日射しが室内に侵入するのを防ぎ、室内を涼しく保ちます。
少々の雨降りでも窓を開けて風を通すことができるので
びわ湖からの蒸散で比較的湿度の高い滋賀の夏を過ごしやすくしてくれる。
年間の降雨降雪量の多い湖北地方にあっては、外壁の耐久性向上にも一役買っている。
外壁への雨当たりや雨づたいを軽減するので外壁が長持ちし、雨漏りリスクも少なくなる。


人は雨が降れば傘をさし、大きな傘ほど足元まで濡れにくいのと同じことで
家にも大きな傘が必要なのは自明の理。
今なお受け継がれる家の形は、地域の気候風土に順応するように
長年にわたって醸成された、意味ある形なのです。


しかし、これが軒ゼロとなれば全く逆の話になってきます。

日射しを遮る軒や庇がなければ、直射光が室内にまともに入り込む。
真夏であれば掃き出し窓1ヶ所から入り込む放射熱はコタツ1台分ほどにもなる。
小雨程度でも雨が吹き込んでしまうので外が涼しくても窓は開けられず、
吹き降りでなくても雨は外壁を濡らし、伝い、雨漏れのリスクを高める。
紫外線の当たる範囲も大きくなり、それによる外壁の劣化も早めてしまう。

s-IMG_2257.JPG


勿論、敷地や隣家との関係から、部分的にこういった納まりを採用する場合はありますが

そのためには素材の選定や納め方の勘所をきちんと押さえておくのが必須。


長くなりました。次回に続きます。

恒例行事

先の日曜日、今年も開催させていただきました感謝祭イベント。

前身のフリマイベントから数えると、もう10年以上になりますが

皆々様が応援してくださるおかげで

こうして途切れることなく毎年開催させていただいております。


今年は業務スケジュールの都合で少し遅い時期の開催となったこともあり

当日は生憎小雨のパラつく空模様。

にも拘わらず、例年並みに多くの皆様にご来場いただきました。


一年ぶりにお会いする住まい手さまも多く

久々にゆっくりお話できるのを毎年楽しみにしています。

近況やお子様の成長など、話題は尽きません。


s-IMG_2198.jpg


今年もいろんなコーナーをご用意いたしました。

珪藻土を塗ったパネルに色とりどりの和紙を貼り付けてつくる、ちぎり絵。

季節柄、モチーフはやはりコレに。

s-IMG_2199.jpg


s-IMG_2205-s.jpg

s-IMG_2200.jpg


s-IMG_2201.jpg


小さい子から大きい子まで、子供達の合作アート。

s-IMG_2207.jpg

一番人気の木工製作コーナーは大盛況のようでしたが

自分の持ち場を離れられず、今年も写真は撮れずじまい・・・


これだけ開催回数を重ねてくると、マンネリに陥りそうなところですが

毎年、スタッフ皆で知恵を絞って少しずつ催しの内容を変えていっています。

また来年も皆様に足を運んでいただけるように工夫を凝らしていきますので

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

現場着

基礎工事を首尾よく終え、間もなく上棟を迎える高月の家。


豊富な森林資源を持ち、良質な木材の供給元として

先導的な取り組みも多い四国は土佐の地より、

家の主要構造体となるヒノキとスギの材が現場へとやってまいりました。

辺りに漂う、ヒノキ特有の芳香。


しっかりと乾燥された材とビシッと精度のある加工。

一部はこの材がそのまま表しとなり、素材がそのまま室内のデザインと一体となります。

DSCN0965.JPG


この先しばらくは、大きな天候の崩れもない様子。

良き上棟を迎えられそうです。

Copyright © 2012 豊住研株式会社 inc. All Rights Reserved